日々の想い

by ayamama-n

家庭菜園

 連日の雨、主人は体をもてあまし少しの晴れ間でも庭に出て松の芽摘みや小さな畑を眺めています。 そんな中の今朝、きゅうりとミニトマトの収穫です。 真っすぐに伸びた見事なきゅうりに歓声。娘と私が大喜びすると主人も嬉しそう。 とれたてのきゅりのトゲトゲは痛い。 夕飯にたことのきゅうりなますとなって食卓にのぼりました。
d0225586_23145417.jpg

[PR]
# by ayamama-n | 2013-06-26 23:15

コルトホール

 今日はフランスオペラのレクチャーコンサートの最終回です。 どんなオペラがナビゲーターの中田昌樹さんの案内で聴けるのか楽しみに出かけました。 
闘牛士の歌等でなじみのあるビゼー作曲 歌劇「カルメン」です。  200人余りの椅子が今日は半円におかれています。 闘牛場の野外観客席と思ってくださいとのこと。 いくらかなじみの曲が頭に浮かびドキドキ・・・・・

●カルメン   フランスより来日のマリアンヌ・デラキャサグランドさん。 目の表情が素晴らしい!! 体より溢れるオイロケ??です。 ジプシーなので素足で
 
ホセ    後田 翔平さんはちょっと小柄、でも素晴らしいテノール  

●ピアノの江澤 隆行さん  一人でオーケストラの役をやりますのでと 

●闘牛士のエスカミーリョ  町 秀和さん 闘牛士の歌だけですがバリトンの声に耳になじみのメロデー そしてバリトンで歌われる闘牛士の歌は会場中に響き渡り皆を魅了させました。

●ミカエラ(ホセの田舎の恋人)に吉田 珠代さん

1幕より4幕までの中を抜粋して時代背景、生い立ち、裏話など豊富なお話を聴きながら歌われとても良く解り楽しい。 いよい闘牛士の歌、町さんの濃い(^_^.)の作りにバリトンの声が響き渡り最高!!  途中より皆さんもご一緒にと立って歌います。 私の後ろでは合唱団におられる方々なのかとても上手に歌っておられます。男性の声も素晴らしい。 オペラの合唱団に観客がなり聴く楽しみだけでなく加わる楽しみも中々いいものですね。会場中が一つとなりとてもいい雰囲気でした。
 
d0225586_0214858.jpg

コルトーを偲んでのコンサートも3年に亘って開催されフランスオペラが少し解ったような気がしますがこれで終わりなのは淋しい。  又の機会が巡ってきますようにとアンケートに記しました。
[PR]
# by ayamama-n | 2013-06-22 23:02

苔玉

 21日より園芸センターで「グリーン展」が開催されます。 ガーデニング教会で多肉植物を苔玉に植えこみ吊るし涼しさをとのことで先週講習会がありました。 皆さんに習いながら苔がバラバラ外れるのを釣糸で括り何とか丸く形を整えることが出来ました。 我が家のサボテンと用意してくださった多肉植物を針金で「Uピン」を作り止めていきます。 皆さん夫々違って楽しいですね。
 私の作ったものを載せて見ました。

そして家でもう一つ作ってみました。 100金で額を求めこれに苔を張りグリーンの植物挿してみました。 針金、ピンセット、額、釣り糸、ペンチ等々材料求めても630円也。 何でもそろうのには感心!!  出来上がり壁に掛けると中々涼しげです。 時々霧吹きで水分補給が必要。 どれぐらい日持ちするのでしょうか? 多肉植物以外は根っこをつけてはありますが。 根ついててくれますように・・・・
d0225586_21242094.jpg
d0225586_21243670.jpg

[PR]
# by ayamama-n | 2013-06-18 21:25

夏を知らせる花

 昨夜より久し振りの雨、草花や木々が喜び活き活きし、空気もひんやりします。 夏を告げる半夏生、半白草ともいわれ一年の半分頃葉の半分が白く色ずきます。夏至は6月22日だそうですが今年の開花は少し早いのかな?・・・そして側の真っ赤な花は松明草、篝火草とも言われるそうです。この雨で一気に咲始め咲いた様は篝火です。夫々名前は良くつけられてるなーと感心!! 
西洋アジサイ、アナベルの花は雨に濡れ重く頭下げていましたがお昼にはしゃんと立ち大輪の花は緑の中に際立っています。   雨上がりの花木からは沢山の鋭気が貰えそうです。
そうそう、今日は玄関に蟹が入ってきました。毎年何度か姿見せますがこれも夏を告げる自然の流れ、真夏日到来のニュースが連日報じられていますが安岡にも夏がすぐそこまで来ているようです。

d0225586_23233044.jpg
d0225586_23235851.jpg
d0225586_23242216.jpg

[PR]
# by ayamama-n | 2013-06-15 23:24

杏ジャム

 今年は空梅雨なのか? 今のところ雨らしきもの降ってません。 今朝はとても変な空、霧でもないような、pm25か?と・・・視界が利かず珍しい朝でした。

 毎年この季節、我が家の杏でジャムつくります。 桜より一足早く赤い花が春を告げてくれます。 もう100年近いかと思われる老木、10年前の台風の塩害で回復不能の状態です。 毎年木を切り詰め何とか維持してます。 それでも花が咲き青い実が付くと今年は大目にみのるな・・・と楽しみに待ちます。 しかし雨、風の度にぽろぽろと落ちて行き今年はジャム出来ないかしらと思ってましたが何とか炊くことが出来ました。
 
 洗って種を取、フードプロセッサーに掛け、お砂糖足しながら煮詰めていきます。途中の灰汁採りが大変。 取っても取っても沸いてきます。 皮つきなのでかしら?  等思いながら辛抱強く炊いて灰汁をとっていきます。 最後にレモン汁とブランデーを入れ、段々杏色となりとろみもでてきます。ジャムと言っても我が家はフルーツソース。 ヨーグルトに入れます。さわやかな杏ソースは季節の味、毎朝頂くヨーグルトになくてはならない一品です。 今年も出来て良かった!!
d0225586_062628.jpg
d0225586_06494.jpg
d0225586_071526.jpg
d0225586_073916.jpg


出来上がり、少しさまし熱いうちに空きビンを熱湯消毒したものに詰めていきます。 それ を見て
娘が我が家で頂くのはそれでいいが人にあげるのならば新しい瓶でないと駄目よっと忠告される。
蓋に匂いがついているしと・・・・・ 言われれ見るとやはり何となく匂う気がする。 綺麗好きな
現代の人々、そうかもしれないな・・・・・。使えるものは何度でも熱湯消毒すれば使えるとの想い
ましたが 常識が時代と共に変わっていくんだなーと思いしらされました。
[PR]
# by ayamama-n | 2013-06-15 00:20